失語症など言語障害のリハビリ・デイサービス 有限会社ミカタ

お問い合わせはこちら

求人の方へ

脳楽習一ヶ月無料お試し

新着情報

千葉市産業振興財団『第17回ベンチャーカップCHIBA』優秀賞を受賞いたしました。

2018.12.08

 この度、千葉市産業振興財団『ベンチャーカップCHIBA』優秀賞を受賞いたしました。

 失語症など言語障害のある方に特化したデイサービスを、松戸、市川、船橋についで、千葉市中央区都町に開設して、1年半が経ちました。言語リハビリは、脳の言語野に損傷を負った方への、脳のリハビリとも言えます。当社では、この脳リハビリ教材をICT化し『脳楽習』として商標登録致しました。医師の監修を受け、脳血流実証実験を実施し、教材取り組みが脳血流の活性化を促進することを確かめています。言語聴覚士作成の『脳楽習』は、数年に渡り当社事業所で活用し、延べ数万人の利用を頂いております。

 また、ICT教材を活用したリハビリテーションは、経済産業省より「IT企業100選」として、千葉県で初めての選定も頂いております。 そして今、実践の中で、バージョンアップを重ねた『脳楽習』を商品化することができました。言語聴覚士の専門的言語療法としても、介護スタッフによるコミュニケーションレクとしても、好評を頂いております。

 リハビリは運動面だけではなく、知的活動やコミュニケーションを通じた脳のリハビリも重要です。しかし、脳のリハビリは、「何を・誰が・誰に・どうしたら」良いのか、必要と思いながらも取り組み方が明確ではなかったのです。認知症予防には、栄養、運動の他、「知的活動」「コミュニケーション」「社会参加」も重要因子です。『脳楽習』は、専門的教材をクラウド配信により、毎月更新制にてお届けする新しい「脳リハビリ」商品です。デイサービスやデイケア、高齢者関連施設で、複数のメンバーに対して、提供できます。

 また認知症予防、お仲間づくりの場でも活用できます。会話の糸口となり、コミュニケーションの輪が広がる中で、「言葉を聴いて理解」「画像を見て情報共有」「言葉を思い出す」「質問に答える」「文字を読む」「双方向コミュニケーションを活性化する」「知識や記憶を呼び覚ます」ことができる『脳楽習』は楽しみながら脳に刺激を与えるコミュニケーション教材です。タブレットをテレビに接続するだけの手軽さで、すぐにご利用いただけます。

 この受賞を励みに、一層精進してまいります。

写真左:優秀賞受賞式       写真右:熊谷千葉市長『脳楽習』視聴の様子

お問い合わせはこちら

各事業所はこちら

言語デイサービス:松戸 言語デイサービス:市川 言語リハビリ:船橋 言語リハビリ:千葉
協力事業 職員募集 ブログ